サイト内検索
閉じる

ビジョン

「2、3歩先行くタカヤ」

私たちは建設業の殻を抜け出して「変化しながら成長する」企業です。
同じ場所に安定志向のようにとどまることはせず、「非連続の延長」に挑むことで会社とスタッフが新しいステージに上がることができます。

これまでの日本の企業の強さは、連続的な延長を最も効率よく成し遂げてきたことにありました。その象徴が終身雇用、年功序列、新卒一括採用です。
私たちはさまざまな意見、考え方を持った人たちを採用していきたいと考えています。今までの建設業の延長線ではない発想をできる人を求めています。その様々な考え方を持ったスタッフの集団がダイバーシティの象徴であり、会社が常に新しく生まれ変わるような「非連続の延長」に挑戦できます。
「非連続の延長」とは、確立されたものをずっと続けていけば成功するというものではなく、その時代の動きを見ながら何が必要か、その都度先進的に動くことです。

タカヤは2030年に100周年を迎えます。その頃には、建設業の枠を超えて、新しい複合的なビジネスに取り組んでいます。どんどん変化を繰り返し、社名も業態も変わり、本社も盛岡から海外に移っているかもしれません。
姿や形をブラッシュアップしながら成長していくのが、タカヤの2030年までのビジョンです。

ただ、タカヤが今も将来も変わらないのはお客さまに対する想いと情熱です。お客さまにとって最適なものを提供したいという気持ちが信頼につながっています。

企業情報

株式会社タカヤ 社長所感ブログ