サイト内検索
閉じる

社長所感ブログ
President's Impression

11/27(月)社長所感

2017.11.27 UP

今年も残すところ1ヶ月と3日になりました。

アメリカでは11月の最終金曜日からサンクス・ギビングデーが始まります。前後約1週間が休日となり、家族が集まり七面鳥を食べたり、旅行に行ったりと消費が大きく拡大します。今まで赤字だった飲食店、衣料品、車のディーラーなどが、これを機に黒字に転換することからブラック・フライデーと呼ばれています。

タカヤの業績もまだら模様で、すでに目標を達成した部署、もう少しで達成できそうな部署、達成見込みがかなり難しい部署、いろいろです。特に達成見込みが難しいところはせめて12月は月間黒字「ブラック・ディセンバー」にしてもらいたい。最後の最後まで努力することで、来期の展望が開かれます。どうしても月間黒字が不可能なら、今年の最多月間受注金額を更新するとか、いろいろな工夫をして12月を盛り上げていただきたい。

そして、そろそろ来期の事業計画の作成にとりかかる時期になりました。震災復興関連工事の受注がほとんど期待できない中で、タカヤの実力が問われるときです。今までが震災復興の追い風参考記録だったのか、その中でも実力をつけてきたのかどうかが問われます。

 

2013年大和ハウスが500億円を投じフジタを買収して以降、大手住宅メーカーと準大手、中堅ゼネコンとの資本提携や業務提携が相次いでいます。先週も住友林業が346億円で熊谷組の発行済株式の20%を取得して筆頭株主になり、熊谷組も住友林業に100億円出資して2.85%の株主となる発表がありました。住友林業の市川社長は「今後の成長には、住宅、建設、都市開発でグローバルな事業展開が欠かせない。そのためにはゼネコン機能の強化が不可欠」と狙いを語りました。建設分野では住友林業と熊谷組がそれぞれ強みを持つ、木造建築と鉄筋コンクリート施工の技術を組み合わせハイブリッドな商品を提供する。この他にも積水ハウスが鴻池組の持株会社に33.3%出資、旭化成ホームズが森組に30.2%出資、パナソニックが2018年前半に松村組の全株式を取得することになっています。

業務提携、資本提携といえば聞こえはいいですが、かっての名門建設会社の経営が劣化し、成長戦略が描ききれず住宅会社の軍門に下ったという見方もできます。

また、家電量販店のヤマダ電機が住宅事業の拡大に動いていて、住宅リフォームのナカヤマを完全子会社化、住設器機のアサヒ衛陶との業務提携を発表しました。2017年1,300億円だった住設事業の売上げを2018年には1,800億円に引き上げる。ナカヤマの年間売上げは200億円で住宅メーカーを除く独立系では業界トップです。

タカヤは外部からの影響、支配を受けない自主・独立の会社が基本的な考え方です。しかし独立性を保ちつつ、他の企業との資本提携、業務提携、M&Aが必要です。特にIT系企業との提携が必須であります。社内外のさまざまなルートで接触を図りたい。タカヤの業績が堅調な時に次の事業の柱を築き上げなければならないと思います。

最近の記事