サイト内検索
閉じる

社長所感ブログ
President's Impression

1/15(月)社長所感

2018.01.17 UP

本日は創業者高田弥市氏の命日です。昭和45年1月15日に64歳で亡くなりました。

高田弥市は明治38年(1905年)10月8日和賀郡鬼柳村で父千田徳松、母ミヤの三男として出生。この年の1月22日サンクト・ペトロブルク市内を行進する約10万人の労働者に対して軍隊が発砲、死者は数百名、「血の日曜日事件」が発生、第1次ロシア革命の幕が切って落とされました。そして5月27日に日本海海戦で日本の連合艦隊がロシアのバルチック艦隊を撃破し、この決定的な敗北でロシアが日露講和条約へ向かい、9月5日ポーツマス講和条約が成立し日本は南樺太を領有し、大韓帝国の支配権を得ました。アインシュタインが「特殊相対性理論」を発表したのもこの年です。

22歳/高田貞次郎 長女テツと婿養子縁組、24歳/昭和5年4月1日、高彌組創業。前年からの繰越金1,060円。昭和6年繰越金2,101円、昭和7年3,188円。昭和8年の主なる工事は黒沢尻町の佐藤新次郎邸新築工事、斎藤丑松邸新築工事、小沢喜兵工邸新築工事や三菱綱取鉱山住宅その他380坪、三菱栃沢鉱山事務所他社宅250坪など計29,240円。創業時は個人の木造住宅中心ですが、民間大手企業への営業も展開しています。翌昭和9年51,500円、昭和10年66,610円、昭和11年は済生会黒沢尻病院改良工事、三菱鉱業所北海道北見沼の上鉱山の社宅工事も手がけ211,335円と大きく売上を伸ばしています。弘前や北海道など仕事がある所はどこにでも行くタカヤのDNAがここにあります。

時期は定かではありませんが弘前で大火があり、その復興に大工が何人あっても足りなくて困っているという記事を見て、直ちに仲間たちと相談して翌日には十数人のグループをこしらえ弘前に乗り込み、何ヶ月か働いてきたというエピソードがあります。

31歳/昭和12年、自宅を新築。三菱鉱業所北海道千歳鉱山社宅工事の他個人住宅36棟、計228,060円。昭和13年は二子小学校、黒沢尻小学校、住友鉱業萱生金山鉱夫舎宿所など297,189円。3昭和14年、鉄道省遠野駅前詰所建築工事、厚生省傷痍軍人花巻温泉療養所建築工事、黒沢尻工業学校校舎新築、盛岡工業高校寄宿舎本部など公共工事も増え計1,025,473円と一気に売上を3倍に。昭和15年1,194,739円、昭和16年は1,699,814円、昭和17年2,236,110円、昭和18年3,232,283円、昭和19年3,014,130円、昭和20年3,779,230円、昭和21年6,259,990円。41歳/昭和22年、第23回衆議院選挙に岩手2区から立候補、当選。9月に北上商工会議所会頭。主なる工事は花巻厚生病院建築工事、釜石製鉄所カーバイト工場建築工事、岩手医科大学看護婦宿舎新築工事、そして記録上ではこの年から土木工事が計上されています。和賀中央橋その他河川災害工事3件、花巻中央橋架設工事、計23,709,011円。42歳/昭和23年、岩手県建設業協会会長、黒沢尻信用金庫代表理事就任、更木中学校校舎建築工事、磐井川堤防修築工事、宮守中学校建築工事など計95,177,300円。昭和24年、第24回衆議院選挙当選、猿ケ石川河川災害修築工事、岩手県町村会館建築工事など計120,096,000円。昭和25年、土沢中学校増築工事、岩手殖産銀行鍛冶町支店建築工事、花巻療養所病舎改築工事、専売公社気仙沼塩庫建築工事など計101,021,564円。

創業20年間の歴史を振り返ってみましたが、成長性の高さもタカヤの伝統です。昭和14年、昭和23年は前年の4倍の売上げを上げています。北上から全県に施工エリアを拡大し、さらには青森県、北海道、宮城県と貪欲に仕事を追い求めています。住宅で創業し、建築工事、そして戦後は土木工事にも進出、そして衆議院議員へと。(来週に続きます)

最近の記事