名称未設定-2

ひとつの大工道具から始まった挑戦

第一次世界大戦後の世界的な大不況の煽りを受けた不景気時代。
東北地方を襲った農村恐慌のさなかの1930年4月。
当時24歳の高田弥市は岩手県北上市に土木建築請負業「高弥組」を創業しました。
弥市は創業の2年前、弘前で大火と知ると、大工道具を握り締め直ぐさま現地に乗り込み復旧工事に汗を流しました。
岩手に甚大な被害をもたらした1947年のカスリーン台風、翌年のアイオン台風、
そして忘れられない2011年3月11日の東日本大震災の時も。
仕事がある土地どこにでも行く
と私たちを突き動かすのは創業者譲りの「使命感」です。
「私たちがやらないで、誰がやるんだ」という強い想いです。
その使命感があるからこそ、どこまでもゆけると信じています。
岩手、東北、日本、世界。すべてが私たちのビジネスフィールドです。
私たちは高弥組、高弥建設株式会社を経て100年企業、そしてその先を目指します。

 

名称未設定-3

▲PAGE TOP