サイト内検索
閉じる

今藤 万柚

先輩とはプライベートでも仲がいい。
アットホームで働きやすい職場です。

不動産事業部 営業
今藤 万柚 (こんどう まゆ)

2017年入社 
岩手大学教育学部芸術文化課程卒業

「普通の建設会社とは違う」と思った

なぜ建設業界を選んだのですか。

住まいに興味があったからです。就活するにあたり、自分が興味あるものは何だろうと考えてみたら、自分の記憶が「住まい」とつながっていることに気づいたのです。地元のことを想えば実家を思い出しますし、学生時代をふり返れば当時住んでいた部屋が思い浮かびます。私にとっては「住まいが人生とイコール」なんだなと思って、住まいに関わる仕事を希望するようになりました。

タカヤを就職先に選んだ理由は?

最初は新築戸建てを売る「住宅営業」しか思い浮かばず、地元の山形県で住宅会社を探していました。そんなとき、大学での会社説明会でタカヤを知りました。それまで住宅会社や建設会社には“古くさい”イメージがあったのですが、タカヤのロゴやパンフレットはかっこよくて、「この会社は普通の建設会社とは違う」と学生ながらに感じました。

説明に来ていた社員は人文社会学部の先輩で、タカヤでインテリアコーディネーターとして働いているという話でした。インテリアコーディネーターという仕事への興味と、学校で専攻していなくてもインテリアコーディネーターとして活躍できることに可能性を感じ、この会社で働きたいと思いました。

今藤 万柚

若い力がみなぎる職場

現在の仕事について教えてください。

インテリアコーディネーター志望で入社したのですが、もともと部屋を見るのが好きだったこともあり、入社後の研修でお部屋探しと内装リフォームの両方に関われる不動産賃貸に興味を持ちました。今は、アパートやマンションにお住まいになる方へお部屋のご紹介と契約、オーナー様へリフォームのご提案などを行っています。

不動産の知識がゼロの状態から、先輩の丁寧な指導のもと仕事を覚えました。今は契約業務もほぼ自分一人で担当しています。問題が発生しても、助けを求める前に先輩が「大丈夫?」と声をかけてくれるので、周りに見守られながら安心して働くことができています。

今藤 万柚

やりがいを感じるのはどんなときですか。

案内したお部屋をお客様に気に入っていただけて、契約が成立したときですね。進学や就職を控えて新居を探されている方や、転勤でこれから岩手に住むという方など、いろんなお客様がいらっしゃいます。新生活への期待や不安があるなか、その方がこれから住むお部屋を一緒に探して決めることができたときは、この仕事を選んでよかったと思います。

職場の雰囲気はどうですか。

若々しくて、元気がある職場だと思います。私が勤務する営業所は、30代半ばの店長と、20代のメンバー5人という構成です。うち女性は3人です。若手が実務を担っているので、若い力を感じますね。実際、私もオーナー様と1対1で家賃やリフォームのご提案をさせていただいています。任されることで責任感が芽生え、やりがいにもつながっています。

メンバーの仲もすごくいいんです。LINEグループを作成していて、繁忙期を除いて月に1度、BBQや遊園地へ遠出して楽しんでいます。また、社内の飲み会など交際費を会社がサポートしてくれる「コミュ会制度」を利用して、営業所で月に1度、高級なお寿司やうなぎの出前を取ってランチ会を開いています。仕事以外で一緒に過ごす時間があると、先輩や上司の “お茶目な”一面を見ることができて面白いですね。お互いの距離も縮まるので、働きやすい環境です。

今藤 万柚

タカヤのデザイン力で街づくりに貢献したい

自分の成長や将来のキャリアのために挑戦していることはありますか。

先日、不動産の仕事に必要な宅地建物取引士の試験に合格しました。宅建士としてもっと実力をつけてから、次はリフォームの仕事にも役立つインテリアコーディネーターの資格取得に挑戦したいと思っています。こう思うようになったのは、先輩の存在が大きく影響しています。同じ部署にファイナンシャルプランナーの資格を取った先輩がいるのですが、会社から指示されたわけではなく、その資格があれば将来仕事の幅が広がるからと自主的に取ったそうです。そんな先輩が身近にいると、自分も頑張ろうと励みになります。

社内には、資格取得にかかる費用を会社が支援する「資格取得支援制度」があります。これから資格を取ろうとしている学生さんには便利な制度だと思います。

これから個人やチームとして実現したい夢はありますか。

今、リノベーション事業部と連携して、古いマンションを大規模にリノベーションしていこうとする新たな動きが出始めています。リフォームして賃貸するという従来のやり方から一歩進んで、リノベーションの力を借りることで街づくりに挑戦できることにワクワクしています。そこで自分はどう貢献できるのかを考えると、インテリアコーディネーターの資格を取って、リノベーションのデザインに携わりたい。タカヤの持つデザイン力を街づくりに生かして、「あのビルはタカヤがリノベーションしたんだよ」と言ってもらえるような街にできたらいいですね。

今藤 万柚

学生さんへのメッセージ

入社してすぐの時期は、右も左もわからない状態だと思いますが、会社も配属先の先輩や上司も愛情を持って接してくれるので安心してください。私も精一杯サポートしますので、一緒に頑張りましょう!

  • 今藤 万柚 (こんどう まゆ)
  • 不動産事業部 営業
今藤 万柚