サイト内検索
閉じる

佐々木 信幸

現場をやり遂げた達成感が
この仕事のやりがいです

建築事業部 施工管理職
佐々木 信幸 (ささき のぶゆき)

2015年入社 
岩手県立産業技術短期大学校矢巾校建築課卒業

おしゃれな会社の雰囲気に魅かれた

建築の仕事を選んだのはなぜですか。

日曜大工が好きな祖父の影響が大きいと思います。家に大工道具があり、自宅の椅子や腰掛けをつくる祖父の姿を見て育ちました。それで自分も大工に興味を持つようになったんです。短大の建築課を卒業後、家を建てる仕事に就こうとタカヤに入社しました。

数ある建築会社のなかでもタカヤを選んだ理由は?

地元が岩手の田舎ということもあり、就職は盛岡がいいなと。タカヤへの会社訪問で、ショールームのおしゃれな雰囲気に魅了され、「ここにしよう」と決めました。様々な事業を展開している会社なので、いろんな職種の人と一緒に仕事ができるのも魅力に感じました。

現在の仕事について教えてください。

志望は住宅工事でしたが、工場や事務所などを建てる建築工事に配属されました。現在は現場監督として、工事を予定通りに進めるための工程管理や安全管理、品質管理、現場の片づけや清掃を含めた環境管理などを担当しています。現場監督として独り立ちできるようになるまで、今は所長(現場責任者)を務める上司のもとで実務経験を積んでいる段階です。

佐々木 信幸

「同じ現場を経験した仲間は家族だ」

希望とは異なる配属だったわけですが、それについてはどう感じていますか。

配属が住宅工事から建築工事に変更になって、最初は「なんで?」という気持ちでした。でも今は、大勢の人が関わる建築現場の仕事が面白くなってきています。建築工事の場合、工事の規模にもよりますが、延べ何千人、何万人もの職人さんが関わる現場もあります。自分の父親の年代かそれより上の職人さんたちを束ねて、作業をスムーズに進めることができたときは、何とも言えない気持ち良さがありますね。

特に、建物が完成して、現場を囲っていた足場を解体した瞬間の達成感がすごいんです!それこそ大きな現場では何日もかけて足場を解体していきます。足場が完全になくなって、周りの景色が姿を見せたとき、「やっと終わるんだな」って。そう思うと、それまでの苦労が一気に吹き飛びます。この達成感を味わいたくて、建築の仕事を続けているのかもしれません。

佐々木 信幸

これまでに印象に残っている仕事はありますか。

1年目に担当した盛岡駅前のビル建設です。工事の規模が大きく、これまで経験した現場のなかで一番楽しかったですね。今の専務が所長を務めていたのですが、大きな現場をまとめる所長の統率力を間近で見ることができたことも勉強になりました。なによりも「同じ現場を経験した仲間は家族だ」「絶対に会社を辞めるなよ」と所長から言葉をかけられたことが今でも心に残っています。普段は厳しい上司ですが、毎週のように飲みに連れて行ってくれたり、相談に乗ってくれたりして、家族のように親身になってくれました。建築の仕事に面白さを感じて、「もう少し頑張ってみようかな」と思うようになったのは、あの現場の経験があったからです。

親身になってくれる人が近くにいるのは心強いですね。加えて、同期の仲間の存在も大きいのではないですか。

そうですね。7人いる同期の仲間とは、今でも毎月1回は集まって飲み会を開いています。こういうとき、社内交流の費用を会社がサポートしてくれる「コミュ会制度」があるのは助かりますね。「飲みに行こう」と声をかけるのは、ほとんど私です。現場で年配の人たちに囲まれていると、同期のみんなに無性に会いたくなるんですよね(笑)。普段は異なる配属先や現場に分かれていますが、たまに会えばお互いに元気になるし、悩みも相談できます。同じ建築事業部で現場監督をやっている同期には「負けたくない」とも思いますし。頼りになる仲間であり、よきライバルです。

佐々木 信幸

最近、読書にハマってます

普段の仕事や生活で心掛けていることはありますか。

残業はできるだけ減らして、自分の時間も大切にするようにしています。そのぶん朝は早めに現場に来ています。アフター5の過ごし方として、最近ハマっているのは読書ですね。以前、関東の現場を担当したとき、周りに友達もいないし、遊べる場所も少なくて、休日の時間が余ってしまったんです。「そうだ、本でも読んでみよう」と思ったのがきっかけです。今は仕事帰りにふらりと本屋に立ち寄って、気に入った表紙の本があればそれを買っています。最近読んだ本のなかでは、『家族の言い訳』という小説が好きですね。読みながら泣きそうになりました。

これから仕事で挑戦していきたいことはありますか。

まずは現場での実務経験を積み、必要な資格を取得して、現場監督として独り立ちするのが目標です。いずれ規模の大きな工事にも挑戦してみたいですね。規模が大きくなればなるほど現場をまとめる苦労もありますが、やり遂げたあとの達成感も大きいですから。そして、専務のように人間味にあふれ、統率力のある現場監督を目指していきたいです。

佐々木 信幸

学生さんへのメッセージ

就活は、「この人と一緒に働きたい」と思わせたら勝ちだと思うんです。私は、元気のある人、挨拶のできる人が好きです。元気の良さと挨拶は、現場では特に大事です。若いうちは、職人さんに「飲みに行こう」と誘われたりして、可愛がってもらえるくらいがいいと思いますよ。

  • 佐々木 信幸 (ささき のぶゆき)
  • 建築事業部 施工管理職
今藤 万柚