サイト内検索
閉じる

髙橋 俊彦

住宅業界の常識のとらわれず、
面白いことに挑戦したい

住宅事業部 岩手支店 支店長 ブランド統括マネージャー
髙橋 俊彦 (たかはし としひこ)

2015年中途入社 
愛媛大学法文学部人文学科卒業

「一緒に働きたい」と思える人がいる会社

タカヤにはどのような経緯で中途入社しましたか。

前職は、岩手県内の住宅会社の営業マンでした。実績のある会社で、給料はよかったものの、休みが取りづらい職場でした。そのとき私は独身でしたが、結婚して子どもが生まれたら働き続けるのは難しいだろうなと思っていたんです。そんなとき、同じ住宅会社の出身で、タカヤに転職した先輩から誘われたのがきっかけです。その方は前の会社でトップセールスだった人です。実際に会ってみると、「自分は住宅でこんなことがやりたいんだ」とスケールの大きな夢やビジョンを語る姿が魅力的でした。「この人と一緒に仕事をしたい」と思ったのが、入社の決め手になりました。

髙橋 俊彦

それで新築戸建を売る営業マンとして入社したわけですね。
その先輩と一緒に働いてみて、どうでしたか。

住宅業界の常識にとらわれない発想がとても刺激的でした。例えば、住宅会社が共同で開催した災害復興イベントで、普通なら住宅のパンフレットを配るところを、その先輩は「コーヒーをふるまいたい」と言い出したんです。なぜコーヒーかというと、自然素材が持ち味の「ナチュリエ」というタカヤの住宅ブランドにコーヒーが合いそうだから、というのが理由でした。せっかくならエプロンも用意しよう、飾り付けも工夫しよう……、と面白がっているうちに、タカヤのブースだけ異様な雰囲気になって(笑)。その結果、お申し込みが増えたわけではありませんが、お客様の印象には残ったと思います。

タカヤでは、そうした型破りな発想も実現しやすい環境があるのでしょうか?

そうだと思いますね。費用対効果がその場で完結しない企画は、却下されるのが一般的かもしれません。それでも「面白そうだ」という理由で企画が通るのは、タカヤだからかなと思います。また、どんな意見も否定されることがないので、いろんなアイデアが出やすい環境だと思います。

プライベートの充実が仕事への活力に

現在の仕事について教えてください。

住宅事業部の岩手支店の支店長として、盛岡店と北上店の2店舗を統括しています。具体的には、営業マンが働きやすい環境をつくることが私の仕事です。住宅営業では、主にモデルハウスや住宅完成見学会などのイベントに来場されたお客様への接客や、タカヤにお申し込みいただいたお客様の家づくりのサポートを行います。そうした営業活動を支援するため、集客のための企画立案や、営業マンへの指導・育成などを行っています。

髙橋 俊彦

タカヤで働くようになって、働き方に変化はありますか

休みが取りやすく、早く帰れる職場なので、プライベートが充実するようになりました。店長が残っているから帰れないといった“付き合い残業”もありません。プライベートが充実すると、気持ちが安定するので、仕事にも今まで以上に前向きに取り組めています。

反対に、プライベートが充実していない営業マンは売れない時代だと思いますね。私の場合、休みの日は奥さんと犬と近所を散歩したり、夏なら釣りに行ったりするのが楽しみです。これから家を買おうとするお客様とお話させていただくと、営業マンの趣味やライフスタイルに共感いただいて、商談がうまく進むケースも多いんです。私もスタッフには、帰れる日は早く帰るように言っていますし、早く仕事を終わらせるための生産性向上の取り組みを皆で始めているところです。

髙橋 俊彦

お客様の幸せと、スタッフの幸せの両方が大事

若手メンバーが中心の「宅地造成・販売プロジェクト」が始動しますが、高橋さんはそのリーダー役を任されています。このプロジェクトは高橋さんの発案ですか?

すでに立ち上がっていたプロジェクトに対し、宅地の販売方法を私が提案しました。ただ単に分譲地を売るという従来のやり方ではなくて、ここに家を建てる人が豊かな生活を送るにはどうしたらいいだろう、という視点から販売方法を考えました。岩手の住宅分譲にはなかった新しい試みなので、面白いプロジェクトになると思いますよ。

また、若いメンバーにとっても、いい挑戦の機会になるはずです。私はこのプロジェクトでスタッフのことも幸せにしたいんです。発想力豊かな彼らの持ち味をうまく引き出して、それが会社の利益につながるような取り組みにしたいですね。

これからのタカヤを引っ張っていく世代として、
今後、取り組んでいきたいことはありますか。

タカヤには、住宅関連のBtoC事業として、住宅事業、リノベーション事業、不動産事業の3つがあります。これらを一つにまとめた大きな枠組みで、面白いことをやっていきたいですね。例えば、お客様に対しては、住宅で売れ筋の商品である「ナチュリエ」をベースにリフォームをご提案することもできます。組織が一つになればスタッフの活躍の場も広がって、人材の有効活用にもつながると思います。お客様によりいい提案ができる組織を目指して、自分たちも積極的に働きかけて、会社をよりよく変えていきたいですね。

髙橋 俊彦

学生さんへのメッセージ

プライベートを充実させたい人には、タカヤはおすすめです。正社員で働くパートナーがいても、家事や育児を協力しながら、お互いに働き続けることができます。自分の人生の柔軟性が高まるのは魅力ですね!

  • 髙橋 俊彦 (たかはし としひこ)
  • 住宅事業部 岩手支店 支店長
    ブランド統括マネージャー
髙橋 俊彦